沖縄旅行

沖縄旅行の楽しみ方とオススメの場所

旅行に行きたい場所ランキングなどで、常に上位に入る沖縄旅行。琉球王国とも言われていただけあり、日本でありながら異国感を味わう事のできる場所です。南国の魅力に溢れた場所沖縄ですが、楽しい旅行を計画するのにどんな事が役立つでしょうか。南国リゾート地を旅行するのに1番気になるのは天気です。実は沖縄は日照率が低く、南国なだけあって降水率が高いです。なので、雨が降ることはある程度覚悟して行った方が良さそうです。
それでも、梅雨時期や台風の時なら一日中雨が降りますが、それ以外の時は大抵「かたぶい」と言われる通り雨がザッと降って止む事がが多いので、気にしすぎる必要はないでしょう。沖縄旅行のおすすめスポットですが、やはり美ら海水族館は外せないと思います。美ら海水族館に行ったなら、近い所に古宇利島がありますのでそこも寄ってみるといいかもしれません。
古宇利島へは橋を渡ると行く事ができますが、全長2キロ弱の古宇利大橋から見るエメラルドブルーの海とサンゴ礁は素晴らしく、息を飲むような美しさです。島に入るのも橋を渡るのも無料です。古宇利島には海水浴ができる場所がありますし、ちょっとしたレストランやカフェもあるのでぜひ立ち寄ってみて下さい。ぜひ、沖縄旅行で美しい海を思う存分楽しんで、良い思い出をたくさん作って下さいね。

沖縄旅行の機会に食の楽しみ

沖縄旅行と言っても、人によって楽しみ方は千差万別だと思います。首里城や今帰仁城などの世界遺産や歴史遺産を巡るもよし、美ら海水族館、さまざまなビーチなどで沖縄ならではの美しい自然や絶景を楽しむもよし、もちろんアウトドア派の人にとってはマリン・スポーツも外せないと思います。しかし、どのような楽しみ方をするにしても、旅先での「食べる」楽しみというのは誰にでもあるものでしょう。
そこで「食べる」ことにしぼって、沖縄旅行が初めての人でもどのようにすれば失敗なく沖縄での食を楽しめるのかを書いてみたいと思います。まず初心者にとって最も無難なく失敗しないで沖縄らしいものを楽しめるのはなにと言っても牧志の公設市場です。ここは歩いているだけでも楽しいですが、一階で買ったものを二階の食堂で調理してもらえるのです。
これはハードルが高いことのように思えますが、市場の方たちはフレンドリーで少し迷ったりしていると、いろいろとやり方を教えてくださるので、是非市場の人に「これを、食べたいんですけど~」と声をかけてみてください。あと、もう1点、初心者の人が沖縄での食事を楽しむコツは宿泊先の人におすすめの居酒屋なり食堂なりを教えてもらうことです。地元の方が教えてくれるので、これはほとんどハズレがないです。是非、地元沖縄の人が楽しんでいる食を、沖縄旅行の機会に楽しんでみましょう。

沖縄の隠れた名所奥武島がおすすめ

沖縄旅行を訪れる観光客の多くの方がレンタカーを借ります。そして国道58号線や高速道路を使って北上するケースが多いのではないでしょうか?確かに本島北部には美ら海水族館や古宇利島など、沖縄旅行を代表する観光スポットがあります。しかし、本島南部にも魅力的な観光地があります。その1つが奥武島です。
島、といっても長さ150メートル程の橋で本島と繋がっているため、レンタカーでも気軽に立ち寄ることが出来ます。奥武島の魅力の1つが、おいしい物をリーズナブルに頂けることです。橋を渡るとすぐ目の前にあるのが、中本鮮魚店。ここでは沖縄ならではの天ぷらが大人気です。サクサクではなく、ふんわりもっちりしているのが特徴でとても美味しいです。
具材は季節毎に変わる旬の魚や地元特産のモズク、ウズラの玉子やソーセージに至るまで実に様々です。常に観光客や地元の方で行列ができています。もう1つの人気スポットは、いまいゆ市場です。何軒かの刺身屋さんやお土産屋さんが並んでいます。
買った刺身は市場のすぐ目の前のテーブル席で頂く事が出来ます。色鮮やかな魚の刺身に、一緒に付いてくるシークワーサーを絞って食べると、沖縄の味を存分に楽しめます。小さな島ですが、おいしい沖縄の味覚をリーズナブルに頂ける魅力的な島です。是非沖縄旅行の際には、奥武島を訪れることをお勧めします。


美匠の墓じまいは安心できます!墓じまいを行う際には、お墓のあるお寺や霊園、行政機関への申請手続きが必要となり、墓じまい後、御遺骨の供養方法ついても事前に準備が必要となります。